喪服に帽子を合わせるのはNG? 【刈谷市 小牧市なら明日お届け可能】

海外の映画を見ていると、葬儀で帽子を被っているシーンを見かける

ことがあります。ただ、日本ではそのようなシーンはほぼ見ないと

言って良いでしょう。そこで今回は、葬儀の場において帽子の着用は

マナーとしてどうなのかについてお話します。

 

なぜ国内で見ることが少ないかというと、日本の喪服文化が略礼装

中心であるからだと思われます。正礼装、準礼装では、男性なら

中折れの帽子やシルクハット(もちろん黒)などが用いられ、女性

であれば、つばの無い円状の帽子をかぶります。黒のベールをかぶら

れている方もおられますね。

 

本来、略礼服の着用でも、特に問題はないのですが、葬儀などの式に

おいては目立つことを避けるというマナーがありますから、国内では

見ることが少ないのです。海外の映画などで見ることが多いのは、

この文化の違いが大きいです。

 

国内でも、正礼装、準礼装を着用される大きな式においては、かぶら

れている方がおられるはずです。注意してみてみてください。

 

 

礼服レンタル.com