冬の喪服に合わせるタイツの選び方 【福岡には、明日のお届けが可能です】

喪服に合わせるタイツは、冬場であれば80デニールや160デニールが

最適です。厚みが程よくあり、寒さ対策のされたものを選べば寒い時

でもお尻やつま先まで冷やすことなく履くことができます。

 

夏のタイツで注意が必要なのは、あまり肌が透けすぎないデニールを

選ぶことが大切です。理想的な40デニール前後です。暑すぎず、冷え

すぎないものを選びましょう。

 

また喪服でのタイツにおいては、伝線しないことも大切です。伝線や

毛玉が付いているタイツを履くことは避け、それを避けるためにも

丈夫な素材のタイツを履くことを心がけましょう。又、ラメが入って

いたり、シルバーのアクセサリーなどが付いているものを避けます。

弔いの席においては、派手なものはすべてNGです。

 

理想的なタイツとしては、セシールのタイツの2足組の60デニールや

80デニールがよいでしょう。ほどよく透け感があり、脚が重たく見え

ないので、葬儀などにはおすすめの商品です。

 

タイツは切れたり、雪で濡れたりすることもあるので、できれば葬儀

には替えを持って行くのが理想的です。夏場はタイツの厚みが薄いので、

伝線しやすくなります。あわてることのないように、予備を持って

おきましょう。

 

 

礼服レンタル.com