葬儀にピアスはマナー違反? 【戸畑、小倉なら明日お届け可能】

お葬式に出席するときの服装はできる限りシックに抑えるということが

基本となっています。洋装であれば男性・女性共に黒を基調として、

喪服やネクタイ等の生地はもとより、小物に至るまでとにかく光沢が

発生しない物のみを身につけて、粛々と故人を追悼することが正しい

マナーであると言われています。

 

ならば、アクセサリーとしてのピアスはマナー違反になるのでしょうか。

真珠のピアスのみマナーに反しないという説もありますし、ピアスは

一切NGと言う物言いもあります。このマナー問題、一体どれが正解

なのでしょうか。

 

やはりこれも諸説あるのですが、本来的に洋装の喪服は海外から渡って

来たものであり、その海外ではパールのピアスをつけて参列する事こそ

が正しいマナーであると言います。しかし、日本では現在のようにピアス

をつけるという文化がありませんでしたから、過剰な装飾品として扱わ

れてしまい、つけてはいけないと批判されるようになったとのことです。

 

よって結論を言いますと、複数のパールがジャラジャラと使用された

ようなものは論外として、あくまでも単品かつシンプルなデザインの

ものであれば喪服のピアスは葬儀のマナーには反していないとされて

います。故人のご冥福を祈るためにも、慎ましやかな形を以て女性ら

しく正装して身を飾ることは誠に大切なことなのです。

 

 

礼服レンタル.com