葬儀で身に付けるネックレスは長すぎてはいけない 【笠岡、玉野なら明日お届け可能】

葬儀に出席する際のネックレスですが、適切な長さとはどれくらい

なのでしょうか。周囲を見回すと、短めのネックレスが多いのは

何故だろうという疑問が湧き上がると思います。しかし、ここにも

れっきとしたマナーが存在します。大人であればしかるべきマナー

を身に付けて葬儀に臨みたいものです。

 

長めのネックレスというのは、一般的に「不幸が長引く」だとか

「悲しみが長引く」といった意味を含みます。故に、葬儀にネック

レスを着けていくのであればロングネックレスは避けなくてはなり

ません。

 

葬儀の時のネックレス丈は42cm程が丁度よいとされています。

またロング丈のネックレスを結んで短くする、という方法はいけ

ません。元々、この方法は夜会などに用いられるので、葬儀には

不似合いで失礼なものなのです。短めのネックレスがないという

場合は、いっそネックレスは着けない方がいいくらいです。ネック

レスがなくとも、イヤリングやブローチがあれば十分なのでそこは、

臨機応変に対処してください。

 

 

礼服レンタル.com