和食料理でのテーブルマナー 【瀬戸内、新見なら明日お届け可能】

披露宴の料理と言えば洋食が多数ですが、時には和食の場合もあります。

洋食のマナーについては良く知っている方も多いかと思いますが、では

和食時のマナーとはどのようなものなのでしょうか。

 

まず和食では洋食と違い必ず箸を使用します。子供のころから使い慣れ

ている安心感から大丈夫だとたかをくくるのは早計です。意外にも箸の

持ち方が出来ていない人は多い者です。持ち方があまりにも独特だと

マナー違反となるので注意しましょう。

 

・握り箸

これは二本の箸をそのまま手のひらで握ってしまう持ち方です。嫌い箸

とも呼ばれています。見た目にも悪く、下品に見えますのでこのような

箸の持ち方は厳禁です。

 

・拾い箸

箸で食べ物を取り、ほかの人へ箸で渡すというものです。これは遺骨を

拾うと時と同じ動作なので、注意が必要です。あまりにも縁起が悪いの

で気をつけましょう。

 

箸の持ち方以外にも、お椀の蓋を逆にして置くのはマナー違反になります。

食べ終わりましたよという合図で、お椀の蓋を逆にしておくことをマナー

だと勘違いしている人を見かけますが実はこれこそが、マナー違反なのです。

お椀の塗が剥がれてしまう原因になりますので、大変嫌がられる行為です。

披露宴のみならず、日常でも使えるマナーばかりですので、きちんと

マスターしておきたいですね。

 

 

礼服レンタル.com