ヒールのない靴で葬儀に参列しても良いのか? 【新居浜、大洲なら明日お届け可能】

葬儀に参列することが決まり、パンプスを履く段階になって迷うのが

「ヒールの高さ」ではないでしょうか。仕事をしている女性であれば

履きなれたパンプスなので、ある程度の高さにも適応できるでしょう。

しかし、普段履き慣れないパンプスを葬儀で初めて履く人は、正直

怖いというのが本音ではないでしょうか。

 

いくら高いヒールに慣れていないと言っても、全くのローヒールの所謂、

ぺったんこ靴での葬儀への参列は、大変失礼な行為です。カジュアルな

印象を与えてしまいますから、かならずヒールは必要になります。

高さとしては3.5~5cmくらいの太めのヒールが基本です。細めのヒール

は安定も悪く、転ぶ可能性もありますし、見た目に華美になりますので、

葬儀には不向きです。

 

ですが、例外もあります。それは妊婦や体の不自由な人です。妊婦の場合は、

低めのヒールでも責められません。まったくのローヒールは避けて、少し

だけヒールのあるものを選びましょう。同じように足が不自由な場合も、

低めのヒールで臨みましょう。

 

 

礼服レンタル.com