葬儀で光沢のある時計はNG 【有田、御坊なら明日お届け可能】

葬儀の際に光物を身に付けるのは良くないという考え方は、ピアスや

ネックレス、指輪といったアクセサリーに限られた話ではありません。

時計のベルトもまた例外ではなく、光らないことが望ましいとされるため、

葬儀の際に使用する時計は金属ではない、黒や茶の革製のベルトが推奨

されています。

 

しかし、そもそも時計は文字盤自体が金属製のものが多く、金や銀に

光っているものも珍しくありません。かといって、プラスチックや革製

のものもカジュアルな印象があり、礼服スタイルで用いるのには適して

いません。

 

喪服に使用する時計に迷った際は、時計を使用しないというのも一つの

選択肢です。ワンモーションで時刻を確認できないのは不便かもしれま

せんが、葬儀の間だけは時計をポケットの中にしまっておき、時間を知り

たいときにだけこっそりとみるようにすれば、どんな時計だろうと問題は

無くなります。時計は礼服の必須アイテムではないので、不要ならば腕に

は何もつけないようにしましょう。

 

 

礼服レンタル.com