慶事と弔事の靴は分ける必要はある? 【有田、御坊なら明日お届け可能】

慶事と弔事において、靴を分ける必要があるかという事でという風に

恐る恐る履いていく方が多いように見受けられます。

 

もし、靴がブラックフォーマルのものであれば、問題はありません。

ただし、光沢のある靴の場合は、派手な印象を与えますので遠慮した

ほうが良さそうです。光沢がないフォーマルの靴ならば気負う必要は

ありませんので、安心してください。

 

慶事に使用したからといって、動物の皮を過剰に連想させるデザイン

のものや、黒以外の靴は弔事には相応しくありませんので、全てが

許されるというわけではありませんので、ご注意ください。あくまでも、

黒いフォーマルの靴であることが前提条件なのです。

 

おしゃれに拘ったような靴は、弔事には不謹慎になりますのでシンプルな

デザインのものを心がけると、なおいいでしょう。フォーマルの靴は自分

だけで決めるのではなく、親族に相談しながら長く慶事にも弔事にも使える

ものを選ぶと、自分よがりにならずに失敗もすくないと言えます。

 

 

礼服レンタル.com