慶事ではベストを着るのが本来のマナー 【葛城、宇陀なら明日お届け可能】

喜ばしき慶事である結婚披露宴に招待された際は、きちんと服装にも

気を付けて臨むようにしたいものです。その中で特に注意が必要なのが

ベストです。

 

結婚披露宴においては、ホスト側もゲスト側もベストを着用するのが

正式な形とされています。これは、もともと中に着るワイシャツが

下着扱いだったことに由来しています。ジャケットの下にベストを

着けることで、下着を見えないようにしていたのです。

 

近頃はワイシャツの上にそのままジャケットを羽織る人が増えましたが

慶事ではそれは本来許されません。灰色か、着用しているスーツと同じく

黒いベストに白襟がついたものを身に着けるようにしましょう。

 

ちなみにベストを着ていない状態で、ジャケットを脱ぐのは厳禁とされて

います。これは先程も述べましたように、ワイシャツが下着扱いだったから

なのですが(つまり下着姿になるのと同じというわけです)ジャケットの着脱で

暑さ対策を行うためにも、しっかりベストを着けておいた方が吉です。

 

ただし、主役よりも目立つことはマナー違反となるので派手なデザインの

ものは控えましょう。

 

 

礼服レンタル.com