喪主の正しい服装とは? 【倉敷、岡山なら明日お届け可能】

最近主流の喪主の喪服は、略礼服です。そのように統一されつつ

あります。しかし、本来喪主が葬儀に着用すべきは、正式礼装と

いわれるものです。格式を重んじる葬儀においては、正しい服装

で葬儀に臨みたいものですね。

 

まず、洋装の場合正式礼装はモーニングコートになります。黒の

ネクタイに、ベルトは使用せずサスペンダーでズボンを固定しま

す。ズボンは細い縦の縞模様になります。靴と靴下は黒で統一し

てください。

 

次に、和装の正式礼装は黒羽二重の、染め抜き五つ紋の着物と

羽織と袴という出で立ちになります。略礼服が主流な昨今モー

ニングを着用するだけでも、珍しいご時世です。なかなか和装

の正式礼装を用いる人は少ないかもしれません。しかし、和に

関する職業に従事している人などは、和装の方がいい場合も多

いでしょう。

 

こうした正式礼装は、持っている人のほうが少ないので大抵が

レンタルになるかと思います。気軽にレンタルできるので気負

う事もありません。

 

喪主として、どのような服装で葬儀に臨むのか周囲に相談しな

がら決めてください。

 

 

礼服レンタル.com