結婚式での内祝いとお礼状 【瀬戸内、新見なら明日お届け可能】

結婚式に招待したけれど、都合により欠席する場合などに祝儀だけをいただくことがあります。

その際、そのお返しとして内祝いとお礼状を贈りましょう。内祝いのお礼状は、結婚の報告を

兼ねた印刷物でも構いません。そのほうが伝わりやすいということも多いでしょう。

 

次に、内祝いに何を贈るのかということですが、もし引き出物が余っているのなら、引き出物を

贈るというのでも、十分です。また、引き出物と似たような物を贈るということでも差し支え

ありません。

 

贈る時期は、結婚式が終わった2週間から1ヶ月の間が良いでしょう。あまりにも遅くなりすぎ

ると、相手への思いやりの欠如を印象付けやすいので注意しましょう。

 

内祝いに使うのしは、紅白の結切りと呼ばれるものです。二度と解けない、固く結ばれた愛情を

表します。のしの上部には「内祝い」或いは「結婚内祝い」とします。下部は夫婦の連盟に

しましょう。

 

結婚の祝儀へのお返しなのですから、心を込めた内祝いにしたいものですね。

 

 

礼服レンタル.com