喪服に合うコートってどんなもの?  【さぬき、善通寺なら明日お届け可能】

秋冬の葬儀に参列するとき、コートは欠かせないものです。

しかしコートであれば何でもいいというわけではありません。

 

まず、光沢のある素材は品格という点で、落ち着きがなく派手な

印象を与えてしまうため避けましょう。次に、動物柄やファーなど

がついたコートは殺生をイメージさせてしまうため、喪服には

似つかわしくありません。こちらも、避けてください。

 

また、盲点になりやすいところがボタンです。光の加減でキラキラ

してしまうようなボタンや、ボタン自体に色がついているものは

葬儀では避けてください。ボタンも黒で統一されているか、あるいか

比翼仕立てというコートの内側にボタンが隠れるものを着てください。

最近ではボタンカバーというものが販売されています。

ボタンに問題があるときには、フォーマルを扱う百貨店などで

手に入りますので、こうしたものを使うのもいいかもしれません。

 

最後に喪服に合わせるコートの色は黒一択です。落ち着いたグレー

やモスグリーンなどであってもNGです。黒は深ければ深いほど

喪服に合わせるコートとして相応しいと言われています。

 

 

礼服レンタル.com