■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

男性が知っておくべきマナー 【大宮、見沼なら明日お届け可能】

喪服にはモーニングなどの正礼装から、ブラックスーツなどの略礼装が
あります。男性は仕事など家庭外の事でも葬儀に参列する事が多いため
失礼のない服装を選んで、喪に服して個人を偲ぶ姿勢を見せる事は大切です。

 

通夜に参列する場合は、遺族よりも格上になる事を避けるためブラック
スーツなどの略式の服装を選びます。ここで仕事で普段着ているスーツを
着ていくと「あの人の服装はだらしない」と不信感を持たれる可能性が
あります。ただ黒であれば良いのではなく、仕事用のスーツとは別の喪服を
用意して参列する事が大切なのです。

 

kaj_y_02

 

男性の葬儀時の服装としては、ブラックスーツに白いシャツ、ネクタイや靴下
靴は黒を着用し、アクセサリー等の装飾品はつけないのが一般的です。通夜に
関してはグレーのスーツでも問題ないようですが、光沢や派手なデザインが
ないように注意が必要です。葬儀は故人に対して哀悼と感謝の意を示す儀式です。
その為、参列者には故人に敬意を払い、故人や遺族よりの目立つような服装は
避ける必要があるのです。男性は紳士として、誠実で配慮が出来る姿勢が強く
求められます。汚れが目立つスーツや靴など場の空気を乱すような格好は
故人や遺族に対する侮辱行為と同等です。参列用の服装を揃えて定期的に
汚れがないか確認しておく事が大切です。

 

礼服レンタル.com