■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

ドレスを着る方が増えた現在の結婚式 【若葉、美浜なら明日お届け可能】

喪服は礼服という中に含まれる呼び方ですが、弔事にしか着用する
ことがないため、結婚式の場合は冠婚葬祭のどちらにでも使える
洋装の略礼服が着用例としては一般的になっています。和装に
おいてはマナーが細かくありますので、どちらにでも使える着物は
存在しません。立場によっても着方がかわりますので、注意して
おきましょう。

 

さて近年の慶事においては、女性の方が洋装の略礼服を着られる

ことは少なくなってきているようです。結婚式はおめでたいことですから

黒一色よりはカラフルなドレスや、綺麗なアクセサリーや髪飾りを付け

たいということが理由ということでしょうか。

 

516_n23

 

ドレスにおいては、紺色なども人気がありますが、もう一方で着物の人気も
高まっています。女性の場合は「振り袖」になりますが、あまり着る機会が
ないので、結婚式の披露宴などでは利用される方が多いようですね。

 

ただ洋装の礼服を着用することで、浮いてしまうかというとそのようなことは

ありません。コサージュやバックを華やかなものにするだけでも、イメージは

随分と変わってきますので、着物やドレスの準備ができない場合は、洋装の

礼服でも全く問題はありません。

 

礼服レンタル.com