■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

西洋の文化とネックレスについて 【堺、美原なら明日お届け可能】

葬儀や法要など、喪の席での服装や装飾のマナーは、地域に
よっても差があるようですが、一般的な常識は知っておきたい
ところです。

 

不幸を偲ぶ場であることから、華美を感じさせる装飾品は
もちろんNGですが、パールや黒の宝石を身に着けることは
西洋の場合は、正式なマナーとして認識されています。

国内の場合は、装飾品としてはネックレスのみにしたほうが

よいでしょう。また、パールの装飾をつけるにも最低限の

ルールがあります。間違った認識をしていないかどうか

今一度チェックしてみましょう。

 

一番利用されるネックレスについて、パールの色は、白
グレーまたは黒が基本になります。西洋では黒が正式と
思われがちですが、一般的には白の方が多く利用されています。

 

item_02

 

黒真珠は白に比べて高価なこともあるので、若い方よりは落ち
着かれた年齢層の方におすすめします。形はドロップものではなく
なるべく丸型で、大きすぎないものを選びます。身に着ける方の
体型などでも違いがありますが、喪服の場合は6.5~9㎜ぐらいを
目安にすると良いでしょう。

 

また二連や三連のネックスレスは重なることから、冠婚の席で
身に着けるもので、不幸の席では使用しないのが礼儀です。
長さもロングは華美な印象を受けやすいので、避けたほうが
無難です。何よりも葬儀や法要では、故人を偲ぶということを
念頭においた身だしなみを心掛けましょう。

 

礼服レンタル.com