■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

コサージュ付の喪服はマナーとしてNG? 【博多、北九州なら明日お届け可能】

一昔前は喪服に付けるアクセサリーは、悲しみの涙を連想させる
真珠のみOKとされていました。しかし最近ブラックフォーマルの
コーナーに行きますと「コサージュ付の喪服」を見かけます。
これはマナーとしてはどうなんでしょうか。

 

よく欧米のドラマや映画での別れのシーン、黒いベール付の帽子に
短めの黒い手袋、そして喪服・・このようなシーンでは確かに黒の
喪服に黒のコサージュを付けられているのを見ることがあります。
現在、日本で着られている喪服のほとんどは、日本式の着物では
なく、洋装の喪服です。つまり、洋装でのドレスコードとしては
問題はないのです。

 

スーツ ポイント 男女

 

がしかし・・・日本は少し考え方が違います。
日本独自のドレスコードというものが存在し、ポイントとなるのは
「目立たないこと」です。マナーとは、周りの人が不快にならない
為のお互いの気遣い、日本においてはこれがとても重要なのです。
いくら「これはマナー違反では無い」といっても、悲しみを堪えて
いる故人の身内の方が見て違和感を覚えたら、それはやはりマナー
違反と言われても仕方がありません。

 

国内で販売されている喪服の場合、コサージュを付けても、付けなく
てもすばらしいデザインに工夫されているはずです。葬儀の時は
不適切・マナー違反と思われる黒のコサージュも、ホテル等で
行われる故人を偲ぶ会などではOKのはず。状況にあわせて利用するか
どうかを考えましょう。

 

礼服レンタル.com