■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

喪服でおしゃれをするには? 【福山、尾道なら明日お届け可能】

喪服はできるだけ女性らしくしようとしても、スーツタイプの
ものも、スカートタイプのものも普通のデパートなどで見かける
ものはどれも堅苦しい感じがします。また、肩パットが入って
いたりと形が少し古臭いのも嫌ですよね。いくら喪服とはいえ
おしゃれなものがいいなと思うのは女性なら当然かもしれません。
しかし喪服においてはドレスコードがしっかりとありますので
恥ずかしくない程度のおしゃれ感を心がけてください。

 

まずフォーマルな喪服の場合、体のラインを出さないようにする
デザインが多いです。葬儀を行う立場の人は、いたってシンプルな
デザインのものを着られることがほとんどですが、参列者は「黒で
地味なもの」であれば、リボンが付いていてもかまいません。
ただ限度はありますので、あまりにも目立つものはNGです。

 

516_model_03

 

リボンがおしゃれというよりは、喪服の場合はデザインがポイント
です。たとえば、ワンピースタイプのものだと、スカートの裾が
レース状にになっているタイプや、腕の部分が透けているタイプなど
があります。またシンプルでも生地にこだわりがあったり、襟がある
なしでも、雰囲気を随分と変えることができます。
喪服は卒業式などでも着ることができるので、おしゃれなタイプの
喪服を1着は持っていた方が使い勝手も良く便利だと思いますね。

 

礼服レンタル.com