■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

スーツのネクタイマナーを考える 【別府、国東なら明日お届け可能】

礼服にドレスコードがあるように
ビジネススーツにおいても、マナーが
あります。

 

「いまさら・・」と思っていても
実際には間違った着こなしをしていることも
よくある話なので、知っている方も
確認の意味で、ご覧ください^^

 

今回の、ビジネススーツマナーは

 

「ネクタイ」です。

 

 

・礼服とのイメージの違いを考える

 

注意するべきは、礼服との
「着こなしの違い」です。

 

ネクタイにおいて、礼服は「黒無地」が
基本カラーになりますが、ビジネススーツの
の場合は、用途によって分けます。

 

 

たとえば・・

 

面接では、フォーマル感が強く
きっちりとしたイメージの強い
「エンジ」や「紺」が人気があります。

 

入学式などは、フレッシュ感の強い
パステル系の「青」や「水色」が
よいでしょう。

 

柄は、小さなドット柄やレジメンタルが
無難です。

 

suits_photo

 

 

・スーツはディンプルをつける

 

ディンプルとは「くぼみ」のことです。
ネクタイの結び目の部分に、くぼみを
つけることですが、これはおしゃれな
着こなしになりますので礼服ではNGです。

 

スーツの場合は、スタイリッシュに魅せる
ことも、大事になってきますので
ディンプルはつけるようにしましょう。

 

最近は、ビジネスカジュアルで
ノーネクタイという方も増えてきています。

 

しかし、もしもの為に最低でも2~3本は
用意しておいたほうが、TPOにあわせた
着こなしができると思いますよ。

 

 

スールレンタル.com