■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

これで大丈夫?失礼にならない礼服の着方

お葬式や通夜に参列する場合、失礼にならないように気をつける点がいくつかあります。

 

まず、注意すべきなのは、ご遺族よりもフォーマル度が高くならないようにすることです。
ご遺族は、個人を偲ぶための正装として、正式の喪服を着用します。着物は、正装にあたります。
それに対して参列者は、略式の喪服を着用します。基本的にブラックフォーマルであれば失礼になりません。

 

次に、亡くなった直後に行われる仮通夜(枕経)のときに喪服で参列するのは
「用意が良すぎて、不幸を待っていたかのようだ」と思われて失礼にあたりますので
地味な平服で参列するのがマナーです。しかし通夜を自宅で行っていた昔と違い
近年は会館で特別に行われる事が多くなってきたため、喪服を着られている方も
多くなってきました。周りに合わせていくことも、必要かもしれませんね。

 

冬の寒い時期は、喪服の上にコートを着ることになります。
その際、毛皮や革のコートは殺生ひいては死を連想させますので、避けましょう。

 

また、黒い腕章を腕に着けることが喪服の代わりになるという方がいますが、それは誤りです。
黒い腕章はご遺族の関係者であることを表しますので、喪服とは関係ありません。

 

礼服レンタル.com