■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

家族葬のどのような服装で行くべきかは? 【四万十、香南なら明日お届け可能】

家族や近親者だけで行う葬儀のことを「家族葬」といいます。

 

家族葬では基本的に弔問客を招かず、限られた者だけが
集う葬儀はひっそりとした形で進行していくことになります。

 

58a1982af4db37dfafef454b47a46a6e_s

 

ただその規模が違うだけで、本質は家族葬と一般的な葬儀で
なんら変わりがあるというわけではありません。近しい人間
のみでの式となる分、コンパクトで多少ゆったりとした雰囲気
にもなりますが、仏式を選択すれば場を仕切るのは僧侶となるため
定義は大きく外れはせず、結果として小さなお葬式という範疇に
止まります。

 

例え僧侶を呼ばなかったとしても、滅多には常識を大きく逸脱
した式になったりはしません。よって服装も、ごく普通に礼服を
選ぶのが正しい形となります。

 

男性はブラックスーツ、女性は黒のワンピースやスーツを纏い
その他の装備品も通常の参列のスタイルで揃えます。家族葬に
自由葬の要素が加わる場合、服装のボーダーは平服まで広がり
ますが、それでも喪服を選択する人は多いです。

 

許容されていようと他人に咎められることがなかろうと、一人
浮いた格好となるのは避けたいというのなら、事前に家族に確認を
とった上で、足並みをそろえて臨みましょう。

 

 

礼服レンタル.com