■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

礼服はスーツ代わりになるのか? 【徳島、鳴門なら明日お届け可能】

同じ黒のスーツでも、喪服として用いることができる
ブラックスーツと、黒のビジネススーツでは端々に
違いが見られます。最大の違いは「色の違い」です。

 

229c5fa58e3897a7cd1fdf58847c9913_s

 

暗いとことであれば、そこまで目立つことはありませんが
屋外に出ると、ビジネススーツは光に反射して「グレー」に
近い色になります。

 

一方、礼服は「漆黒」といわれる、深い黒を使っているため
どこにでても「黒」が保たれます。知らない人でも、違いが
はっきりとわかるほどです。

 

ではこの礼服を、ビジネス用として着用はできるのでしょうか?

結論としては、かなり「浮いた」状態になりますので
やめておくべきです。

 

言葉で表現するのは難しいですが、周囲から「何かあったの
ですが?」と聞かれることは覚悟した方がよいでしょう。
仕事場に、タキシードと蝶ネクタイで出勤するぐらいの感覚と
思えば、どれだけ浮いているかわかると思います。

 

もし大事な席で知らずに着用しているとすれば、周囲から
確実に「常識がない」と思われてしまいますので、絶対に
するべきではありません。

 

また、ビジネス用のネクタイといえば、カラフルな色のものや
デザインが施してあるものが多いですが、礼服の漆黒に合う色は
「黒」か「白」または「黒白のストライプ」しかありません。

 

そのくらい、礼服とビジネススーツは別物なのです。
スーツはあくまでもビジネス用。礼服は冠婚葬祭用ですから
「似ているな」と思っても、一緒に考えてはいけません。

 

 

礼服レンタル.com