■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

礼服に帽子をかぶることはできるか? 【阿南、吉野川なら明日お届け可能】

礼服姿で帽子を被るのは、基本的にはNGです。
フォーマルの極みである礼服に対して、カジュアル寄りの
アイテムである帽子は、やはり相性がよくありません。

 

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s

 

また結婚式も披露宴も一般的には屋内で行われるものですから
服装マナーの面から見ても帽子は外すのが正解です。

 

ただ、式場までの移動の間なら使用は自由ですし、屋外での
厳格でない開かれた式や二次会の会場や雰囲気によっては
帽子が活躍できるシーンもあるかもしれません。できる限り
帽子を被っていたいという時には、とりあえず持っていって
相応しくない場では荷物と共に預けておくといいでしょう。

 

ただし使用は状況や空気を読んで行ってください。

 

礼服と帽子のコンビネーションが成立するのは、燕尾服と
シルクハットの由緒正しい組み合わせぐらいですが、ゲストと
して主役を引き立たせ、主役よりも目立たない服装をすることが
基本ルールとしてある結婚式では、いずれにしろそのスタイルは
選択することができません。

 

帽子に固執するあまり、新郎よりもその両親よりも目立っては
意味がないのです。

 

 

礼服レンタル.com