■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

供花の意味とは? 【丸亀、三豊なら明日お届け可能】

故人の死を悲しみ、悼む気持ちを込め捧げる生花のことを
「供花」と言います。

 

f89c6e0c7cb388585862167f22afc9e5_s

 

花を捧げる理由には諸説あり、花の美しさで故人の魂を
慰めたり、その旅路を飾ったりと、多くの考え方があります。

 

働きは様々にあるものの、故人に対する花であることに
違いはありません。贈られた供花は祭壇を中心に、縁の深い
方を内側にして、外側へと広がっていく形で並べられることに
なります。

 

供花は同様の立場にある人と話し合い、時にはお金を出し合い
ながら贈ることの多いものですが、葬儀場の場所と葬儀の開始
時刻さえわかれば、個人で贈ることもできます。

 

開式の三時間前までに供花がきちんと会場に到着するように
礼服や香典の準備と同様に、連絡を受けたらすぐに葬儀社に
お願いしておくのがよいでしょう。

 

花屋への直接注文も選択肢の一つではありますが、他の人が
贈る花とバランスをとったり、地域のルールに沿うようにする
という意味では、葬儀社に任せてしまうのが的確な手段だと
いえます。

 

出席できない代わりに供花を贈る場合には、事前に近しい遺族に
様子を伺いつつ断りを入れ、後日改めてお線香をあげに行くように
しましょう。その時の服装は普段着ではなく、礼服を着ていくのが
適切です。

 

 

礼服レンタル.com