■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

パンツタイプの礼服は問題ないのか?  【紀の川、岩出なら明日お届け可能】

葬儀で礼服として、パンツタイプを着用する行為は禁じられては
いません。女性のパンツルックに馴染みの薄い人が
「スカート=正装」という定義から外れていると、考えられて
しまうという不安要素はありますが、現在の葬儀マナーでは
スカート代わりのパンツの着用は良しとされています。

 

69c0f7210082d9379e8f442c4ae6465c_s

 

特に年配の女性や、足に怪我を負っている女性など、スカートを
履くことに不都合を感じる状況においては、パンツタイプを選択する
ケースも増えてきています。そして、その認知も進みつつあります。

 

ビジネスの中に続々と進出する女性の活躍も相まって、パンツ
スーツがただのカジュアルファッションではなく、スカートと
同様に女性のスタイルの一つとして定着する日も遠くないでしょう。

 

とはいえ現在のところは、正装はスカートでありパンツタイプの
扱いは「略喪服のレベル」に相当しますので、それ以上の格式高い
喪服が適当となる場面では、使用を慎んでおきましょう。

 

周りの空気を読んで纏うものを変えられる人は、その場に応じて
パンツタイプを用いるとよいでしょう。

 

 

礼服レンタル.com