■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

リボンがついた喪服は、失礼か? 【紀の川、岩出なら明日お届け可能】

喪服の胸元などにはリボンがついていることもありますが、これは
シンプルな服を礼服らしく見えるようにと、デザイン上の都合から
据えられるものです。ですから、装飾や飾りの品とは若干異なる
意味合いを持ちます。

 

518_np03

 

明らかに大きかったり、黒ではなくカラフルに染められていると
いったものは「目立たない」ちう観点からNGですが、黒のリボン
自体が、マナーとして問題になることはありません。

 

礼服専門店で購入した服なら尚更、そのデザインはまず許される
範囲にあるはずです。

 

着慣れていない人が用いても、リボンの効果で普段着のように
なり過ぎず着こなせるということから、若い方にはおすすめの
デザインとも言われます。

 

実際のお店でもネットから利用できる通販ショップでも、人気
商品として大々的に扱われている品には、頻繁にリボンの姿が
見られたりと、その人気は至る所で伺えるものです。

 

ただ、リボンにこだわるあまり、主張が激しい礼服を選ぶように
なるのはよくありませんので、注意しましょう。

 

 

礼服レンタル.com