■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

黒の柄ネクタイは、葬儀NG? 【海南、新宮なら明日お届け可能】

柄が入っているネクタイを、葬儀用の礼服として身に着けていくのは
よろしくありません。宗派や土地柄によって例外はあるものの、
ストライプでもドットでも柄物がふさわしくないという点では共通
しており、喪服におけるネクタイの基本は黒無地にあります。

 

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s

 

黒にグレーのストライプがうっすらと入っているような、一見して
黒無地に見えるものをセーフとする意見もありますが、気付かれなければ
OKという基準がそもそも問題であり、そうして賭けに興じるのも
無意味なことといえます。礼服が特定のお店でしか手に入らなかった
昔とは違い、現在では質にこだわらなければ黒無地のネクタイぐらい
どこでも買えるのですから、使えるネクタイがないのなら、ごまかす
方法を考えるよりも調達してしまった方が早いのです。

 

黒無地のネクタイが葬儀の場で使用されているように、柄物の
ネクタイにも使用するにふさわしい場所はあります。使用を慎むべしと
定められているような場所で、わざわざ用いることはありません。

 

 

礼服レンタル.com