■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

ローファーでの葬儀参列は大丈夫? 【生駒、大和郡山なら明日お届け可能】

靴紐のないローファーは、カジュアル感の強い靴となるので、
葬儀の喪服や結婚式の礼服など、フォーマルな服装に合わせる靴と
しては基本的にNGとされます。色が黒でも、合皮でも布製でも、
マナーに反していることが気付かれにくくなるだけで、例外には
なりません。

 

ローファーを履いても問題とされないのは、履いている本人が
学生である場合のみです。ローファーは学生向けの靴でもあるので、
学生が学生向けの靴を履く行為は、許容の範囲内に含まれます。

 

38f9088c4ac4ace4fedaa67e4b7810e0_s

 

成人し、フォーマルな場にて身に着ける服が制服から礼服へと
変わった時には、服の用意に加えて専用の靴も用意するという
ことが求められます。

 

金具や飾りのない陰に溶け込むような落ち着いた黒の靴なら
冠婚葬祭のどの場面でも幅広く活用ができますので、最低限
一足は入手しておき、入用の時に直ぐ履いていけるよう
備えているのが安心です。

 

ローファーはカジュアルなおしゃれを考える場面で、足元の
アクセントとして使用するのが正解の靴なのです。

 

 

礼服レンタル.com