■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

お悔やみの言葉でのタブー 【生駒、大和郡山なら明日お届け可能】

お悔やみの挨拶には、何よりも相手を気遣う繊細さが求められます。
そんなお悔やみの挨拶のマナーは、喪服や礼服のマナーほどに、
厳しい縛りの中にはありません。どうしても伝えたい思いがあるのなら、
あるいはそうしてお悔やみを言葉にできるほど気持ちの整理が
ついていないのなら、無理をして定型文をなぞる必要はないのです。

 

しかしそうして個人の意思が尊重されているだけに、言葉選びが
余計に難しくなるという問題点もあります。常識に反した発言を
してしまえば、礼服の着方を間違う以上に決定的な痛手を、相手にも
自分にも負わせてしまうことになるので、十分な注意を払わなければ
なりません。

 

69c0f7210082d9379e8f442c4ae6465c_s

 

お悔やみの言葉にて、最大の注意点とされるのは「使ってはいけない
言葉」の存在です。次も・また・たびたび・重ね重ねのような、
繰り返す事柄を象徴する表現や、死ぬ・急死といった直接的で
ショックを与えかねない単語は、遺族にかける言葉として適切とは
言えません。誠にご愁傷さまです、心からお悔やみ申し上げます、
という挨拶を中心に、相手を思いやった控えめな表現で気持ちを
伝えるようにして下さい。

 

 

礼服レンタル.com