■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

法事の服装は、毎回礼服なのか? 【葛城、宇陀なら明日お届け可能】

葬儀の際は礼服を着て臨めばいいわけですが、その後の法事はどう
なのでしょう。もちろん葬儀と同じようにきちんとした正装で出席
しても構いません。

 

229c5fa58e3897a7cd1fdf58847c9913_s

 

しかし、三回忌以降は礼服ではなく、スーツでの参加が多くなって
きているようです。たとえば初七日や四十九日といった法要は
遺族の場合、正礼装に身を包んで故人を偲ぶのが正しい形と
されています。他の出席者もそうした姿に従うことが多いでしょう。

 

しかしながら、法事も回数を重ねて来ると、「平服で来てください」と
施主側から連絡が来ることがあります。ここでいう平服とは、略礼服の
ことだと認識しておけば、まず失礼はありません。

 

もちろん葬儀の際と同じく、ワイシャツは
白でネクタイは黒、靴下、ベルト、靴もすべて黒です。

 

女性のストッキングに関しては黒のみならず肌色でも構いません。
極力、肌の露出を控えるように心がけましょう。アクセサリーは
基本的には結婚指輪のみにしたいところなのですが、パールやオニキス
ならばOKであるともされています。

 

 

礼服レンタル.com