■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

結婚式での服装マナー【京田辺、向日なら明日お届け可能】

招待状に服装の指定が記載されている場合はそれに従い

ますが、指定が無ければ礼装と考えます。礼装の格式は

正礼装(第一礼装)、準礼装(第二礼装)、略礼装(第三礼装)

の三段階に分かれています。どの服を着るかは着る人の立場、

つまり新郎新婦との関係や披露宴の規模、格式、招待客の顔

ぶれ、同伴者との釣り合いなどによって決めます。

 

礼装は女性の和服の場合は既婚者と未婚者で装いに違いが

あり、洋装の場合は男女とも昼と夜によって着るものが違います。

 

今回は準礼装(洋装)を基準にお話しします。

 

〇男性の礼装
昼はディレクタースーツ。夜ならタキシード。「ブラックタイ」と指定が

あればタキシードを着ましょう。

 

〇女性の場合
昼はインフォーマルスーツ。夜はディナードレスかカクテルドレスを着ます。

 

〇夫婦で格をそろえる場合
夫婦揃って出席する場合は二人の核をそろえるようにしましょう。

 

〇「平服」と指定がある場合
招待状にそのような記載があればその指示に従います。ただ、

平服は普段着のことを指すのではないので注意してください。

 

 

礼服レンタル.com