■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

結婚式に喪服は大丈夫?【京丹後、綾部なら明日お届け可能】

結婚式と葬式にはそれぞれにマナーが存在し、覚える必要

があります。そこで多くの人が疑問に思うのが、葬式で着用

する喪服は結婚式でも着用できるのかということです。

 

女性の洋服の場合、喪服と礼服で基本的には違いはありま

せん。ただし、通夜、葬式には光沢のあるものや装飾の多い

服はNGとされています。そのため、喪服と結婚式の礼服を

分けることになる場合が多いようです。

 

一方で男性の場合は、葬儀には喪服と礼服のどちらを着用

しても構わないということになっています。では、喪服と礼服

の違いは何なんでしょうか?

 

喪服は葬儀や法事の時にしか着ることができない、用途が限

定されてた服装になっています。礼服は、男性であればなく

ネクタイや小物を変えることで結婚式にも葬式にも着用する

ことが可能になります。

 

ただ、葬式と結婚式の両方で礼服を使おうとすると必然的に

色が黒に限定されることになります。また、一般的に喪服は黒、

もしくは薄い黒であることが多く、値段が上がるにつれて徐々

に黒の色が濃くなる傾向があります。

 

 

礼服レンタル.com