■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

礼服に帽子は必要?【南丹市、宮津市なら明日お届け可能】

海外では、ごく一般的なスタイルとして礼服に帽子

を着用することが浸透しています。しかし、日本にお

いての帽子は未だその位置にはありません。

 

たとえ喪服が様式に変わったとしても、海外での礼服

文化をすべてトレースしているわけではないため、帽子

のほかにもアクセサリーやベールの認識の差として

現れます。

 

海外で当たり前とされている喪服スタイルも日本で

そのまま通用するとはかぎりません。

 

原則として、日本の喪服に華やかさがあってはなり

 

ません。ファッション性を感じさせるものは総じて禁止

されます。葬儀の場では、自分が何をしにそこに来て

いるのか、その立場を考えることが重要で慮られるべ

き故人以上にご親族以上に、目立つ行為はどんな形

であっても許されません。

 

よって、注目を集めるような帽子などはすべてNGと

なります。他者の許容範囲を探るような賭けはせず、

日本人が持つべき無難さに従いましょう。

 
礼服レンタル.com