■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

喪服とパールの組み合わせ【湖南市、野洲市なら明日お届け可能】

よく「葬儀のとき、パールはつけなくてはいけないの

でしょうか?」といった質問を受けることがあります。

この問いに対する答えとしては、喪服が「和装」であ

ればなし、「洋装」であれば付けても良いという感じ

になります。つまり、付けなくてもマナー違反になるこ

とはありません。

 

洋装でパールが必要だと言われ始めたのは明治以

降と言われており、イギリスのエリザベス女王が付け

たのが始まりという説があります。パールは別名「月

の涙」と言われており、それが葬儀に使われ出した理

由の一つとされています。また、和装と違い胸元が

開いている洋装はネックレスをすることえ服装のバラ

ンスが保たれるという面もあるのでしょう。

 

ただし、パールを付ける場合の注意点として色は白

かグレー、大きさは8mm以下で大きなものは付けな

いようにしましょう。

 

 

礼服レンタル.com