■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

既婚者の振袖はNG【伊勢市、松阪市なら明日お届け可能】

せっかく披露宴に呼ばれたのであれば、既婚者と

いえども振袖を着たくなりますよね。しかし、振袖は

一般的に未婚女性の第一正装と言われています。

年配の方々はそのことを知っているので、不評は否

めないでしょう。

 

成人式で一度しか着ていないからもったいないとい

う気持ちが湧き出てくるのは致し方ないことです。こ

こで、一つの指標となるのが皇室です。皇后美智子様

や秋篠宮紀子妃殿下は、新婚当初の里帰りなどでは

振袖をお召しになられていました。また、大名家の姫君も

懐妊するまでは、振袖を召していたらしいのです。

 

そもそも、振袖は家事などをしない未婚女性の正装

になります。一方、袖の短い小袖は、既婚女性が婚

家において動きやすいように着られるようになった経

緯がありました。やんごとなき姫君たちや皇室の方々

は、身の回りをお世話してくれる方々がいるため、庶

民の常識の外にあると考えたほうが良さそうです。

 

身分の高い人々が、披露宴で振袖を着るのは間違

いではないようなので、そこは各人の判断で良いで

しょう。ですが、一般的には常識がないと見られるこ

とは避けられないということも、ひとこと付け加えたいと

思います。

 

 

礼服レンタル.com