■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

喪服にイヤリングはダメ? 【ブラックフォーマル・喪服は礼服レンタル.com】

場所や年代によって考え方が変わるものに、アクセサリーがあります。
一部では、「アクセサリー類はすべてダメ」というところもありますし
「イヤリングがダメ」というのは、よくお聞きする話です。
一般的な考え方として、これは正しいのでしょうか?

 

以前の記事でも書きましたが、日本においての正装は「着物」になります。
明治時代以降、洋装の普及に合わせて、アクセサリーを身に着ける方が
増えてきましたが、それまで身に着けていたものは「数珠」くらいです。

 

洋装においては、アクセサリは「フォーマル度を高める」といわれており
正装では、ネックレスなどのアクセサリーを身につけることがマナーとなります。
しかし、日本においての主流は「略礼服」です。つまり、ネックレスを含め
イヤリングにおいても、明確な基準はないのが実際のところです。

 

ただ着用に際して、気を付けることと言えば、派手でないことです。
ほとんどの場合「涙の象徴」といわれる、真珠が用いられます。
またイヤリングを付けられる際は、同じ素材のネックレスをつけておきましょう。

 

礼服レンタル.com