■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

白い喪服に込められた意味【志摩市、 伊賀市なら明日お届け可能】

喪服というのは黒、というイメージが定着

していますが、時には白い喪服を着た人を

見ることがあると思います。もちろん、何

かに反発しているのではなく、深い弔意を

示しているものです。一見奇抜な衣装に思

えるかもしれませんが、歴史を見てみると

いたって当然のことであったりします。

 

実際日本でも、喪服は白であったり黒であ

ったりと、何度か色の変化が起こってます。

そして、最近になり海外で黒が主流である

ということから、喪服は黒ということで定

着してきました。

 

もちろん、死者へ敬意、弔意を示すという意

味で喪服は着られていますが、かつては穢れ

ている死者との接触を断つという意味もあり

ました。それは白い喪服であっても同様です。

 

ただ、白い喪服というのは、奥さんが来てい

る場合には違う喪服、意味を持っています。

それは、亡くなった人の白装束に合わせると

いう意味もありますが、もう誰の妻にもなら

ないという意思表示でもあります。

 

そのため、昔は結婚式の白無垢をレンタルな

どしないので、それぞれの家で取っておいて、

旦那さんの葬儀になったら未亡人となった奥

さんは袖を詰め、喪服として使っていたとい

う歴史もあるようです。

 

 

礼服レンタル.com