■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

慶事と弔事は同じ靴でよいか?(男性編) 【喪服は礼服レンタル.com】

結婚式や葬儀など、フォーマルな靴を履いていく必要がある場合
注意すべき点は、何でしょうか? 今回は、知っているようで知らない
「靴のマナー」について書いてみましょう。

 

結婚式の場合は、おしゃれなデザインが比較的許されたりしますが
親族などの場合は、フォーマルな靴を選ばれたほうがよいでしょう。
ここでのフォーマルな靴とは、ひも付きの黒の革靴を差します。
デザインは、ストレートチップまたはプレーンチップとなり、穴が
あいたようなデザインのものは、避けたほうが無難です。
また、正装において動物の柄がはいったものは、基本的にNGですので
注意が必要です。

 

葬儀においても、基本の考え方は同じですので、フォーマルな靴であれば
慶事でも弔事でも、同じ靴で問題はありません。ただ、地味であることが
マナーである葬儀においては、黒以外の靴はNGです。

 

礼服レンタル.com