■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

葬儀の鞄は大きさを意識【一宮市、豊橋市なら明日お届け可能】

女性の場合、葬儀の時の鞄は黒い布製のものが

一般的です。とくに鞄を持たなくても問題は無い

のですが、男性の喪服はポケットなどに数珠や

ハンカチを入れられるのに対して、女性の場合は

ポケットが無いことがほとんどです。そのため、

お財布やその他小物類は全てバックに入れること

になります。

 

「普通のバックでも良いのでは?」と思う方も

いるかもしれませんが、喪服でのバックは黒が

基本となっています。また、殺生を連想させる

革製品や、光るものはNGとなっているので、

布製の黒いカバンということになります。なかなか

使いまわせるようなものでもないため、必要な時に

なって慌てる方も多いようです。

 

購入するときに最も注意したいのは鞄のサイズです。

お葬式などの法事か近所ということであれば、荷物も

少なくなりますが、遠方の場合はそのように行きません。

バックに入れる主な持ち物は、袱紗(ふくさ)で包んだ

香典、数珠、財布携帯(スマートフォン)、ハンカチ、

ティッシュ、エプロン、ストッキング、扇子などと意外

にも多いのです。つまり、それなりの大きさのものを

買わないと、入らないという事になります。

 

葬儀は突然やってきます。時間のあるときに準備を

しておくことをお勧めします。

 

 

礼服レンタル.com