■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

着物での参列に必要なものは?【春日井市、安城市なら明日お届け可能】

マナー的に葬儀に洋装でも問題はありませんが、

親戚一同が「着物」を着られると言われた場合、

合わせざるを得ない場合もあります。着物は

びっくりするほど小物が多いのですが、何が

必要なのかを確認してみましょう。

 

・着物
まず、喪服としては「黒留袖の五つ紋」が必要

です。もしも仕立てるのであれば1~2ヶ月は

かかるので、事前に準備しておきましょう。レンタル

も可能ですが、たとえ黒一色でも値段によって

黒の深みが違うので注意化必要です。

 

・黒共帯(くろともおび)
喪服に合わせる黒一色の帯です。一般的には名古屋帯で、

結び方は一重のお太鼓です。地方によっては袋帯

(もちろん黒)の場合もあります。

 

・長襦袢
着物の下に着るものです。色は必ず白一色。地紋は慶弔両用の
ものがよいでしょう。衿には「半衿」が必要ですから、前日には
確認してください。

 

・帯揚げ・帯締め
もちろん黒になります。

 

ここまでが喪服の着物セットになります。ほかには

着物を着るために必要となる帯枕、帯板、腰紐、

伊達締めがあります。ついで足袋、肌襦袢、裾よけが

ありますが、こちらはレンタルができないところが

ほとんどです。レンタル会社にお願いすれば揃えて

貰えますが、買取になると思ったほうがよいでしょう。

 

急な場合でどうしても酔いができない場合は、

慌てず皆さんと相談して進めることをお勧めします。

 

 

礼服レンタル.com