■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

夏の喪服は何を着る? 【喪服なら、礼服レンタル.com】

毎日、猛暑が続くこの時期ですが、葬儀はこんなときも
突然やってきます。今回は、暑い夏の喪服は、どのように
すればよいのかを考えてみましょう。

 

・男性の場合
葬儀においては、上着を脱ぐことはNGとされていますので
冬物を着ると、我慢大会になることも。とはいえ、室内で
あれば、必要以上にクーラーが利いている場合もあるので
背抜きのしてある、オールシーズン礼服(春・秋用)が
よいでしょう。どうしても、涼しくしておきたい場合は
生地の薄い、夏用の礼服をおすすめします。

 

・女性の場合
肌をなるべく見せないというマナーがありますので
お寺の方が来られている場合は、上着を着用したほうが
よいですが、下がワンピースであれば脱いでいても
かまわないと言われています。(地域によって差が
ありますが・・)ただ、胸元が開いているものや
袖がないようなものは、NGです。五分袖から八分袖
くらいが望ましいです。

 

夏=暑い、というイメージが先行しますが、室内は
寒いということもよくあります。涼しい喪服であっても
念のため、上にかけるものをもっていたほうが、よい
でしょう。

 

礼服レンタル.com