■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

葬儀のマナー(ふくさ編)

金包はふくさやふろしきで包んで持参するのが正式です。ふくさは日常はあまり使うものではありませんが、冠婚葬祭の席などでは必要な場合が出てきます、慶事、弔事いずれにも使える紫のものを用意しておきましょう。

 

◎包み方

ふくさの包み方は、慶事、弔事では正反対になっています。ここでは弔事の場合の包み方を説明します。

①爪を左くるように開きます。

②金包を中央やや右寄りに置きます。

③まず右からたたみます。

④下、上の順にたたみます。

⑤最後に爪側を左から右へたたみます。

⑥爪を掛けます。

 

mata_fukusa

 

◎渡し方

 

弔事の時には、右手に袱紗を乗せ、左手で袱紗を開き中から不祝儀袋を出します。不祝儀袋は向きを変えて渡し、相手から見て正面向きになるようします。

 

袱紗をたたんでから受付台に置き、両手を香典などの不祝儀袋に添えて渡しても良いのですが、たたんだ袱紗や金封袱紗の上に香典や不祝儀袋を乗せ、受付に渡してもよい。

 

礼服レンタル.com