■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

法事も礼服が必要? 【別府、国東なら明日お届け可能】

葬儀には「黒の礼服」というのは
だれでも知っていることですが
「法事」についてはどうでしょうか?

 

法事は、1回だけではありません。

 

初七日
四十九日
一周忌
三回忌
七回忌
十三回忌・・
とあり、五十回忌、百回忌が
行われる場合もあります。

しかし、百回忌ともなると
すでに面識のある方は、ないと
いってもいいでしょう。

 

そもそも法事とは
亡くなられた方の冥福を祈る
という場なので、面識がなくとも
問題はありません。

偉人の「没後100年」なども
よく聞きますね。

 

ただ、親族の場合や身近な友人などの
四十九日と、面識ない方の百回忌では
気持ちも変わってくるでしょう。

実はこの変化については、服装についても
同じことが言えます。

 

スーツ ポイント 男女

 

●初七日、四十九日、一周忌は「礼服」

 

一般的に、喪が明けるのは「一周忌まで」と
言われています、つまり、服装も礼服です。

 

●三回忌、七回忌以降は「ダークスーツ」

 

もちろん礼服でも問題はありませんが
地域によっては、三回忌から落ち着いた色の
ダークスーツというところもあります。

 

七回忌以降は、ダークスーツの場合が多い
ですが、私の地元では「礼服」を着用します。

 

七回忌になると、集まるのは親族が中心に
なりますので、周りに合わせるようにするのが
一番無難ですね。

 

 

礼服レンタル.com