■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
配送時間

喪服の選び方

喪服は和裝、洋裝ともに、正喪服、準喪服、略喪服の三種類がありますが、ここでは紙幅の関係で準喪服について、デザインと色に絞ってお話しします。

 

◎デザイン

模風のデザインは、男性はブラックスーツ、女性は地味な色無地のワンピースかスーツです。

 

◎喪服の色

まず「光らない黒」が基本で灰色など、」故人に身近な人ほど喪の色を濃くします。喪主や親族は必ず黒を着ます。靴も黒、靴下も黒を履き、女性のバッグも黒です。どちらもエナメル素材(光るから)は避けます。

 

やはり基調の色は黒で、遺族や近親者以外は本来は喪服を着る必要はないのですが、現在では お手伝いや弔問客を含めて、葬儀に関わる者すべてが何らかの喪服を着るのは普通になっています。

 

ただし、学生、生徒、兒童など未成年の年若い遺族の場合には、征服や黒、グレー、紺系のブレザーなどが礼装であり、喪服として着てもかまいません。