配送時間

喪服でおしゃれはできるのか? 【ブラックフォーマル・喪服は礼服レンタル.com】

おしゃれという概念は、「他の人よりも、よく魅せたい」ということですから
何ごとも控えめに、鮮やかな服装にしないという考え方の元では、そぐわない感覚です。
葬儀において、おしゃれをするということは「抑えながらしゃれる」ということですから
矛盾した考え方にもなりますね。

 

つまり、死者を悼む場でのおしゃれを「喪服」で表現するとすると、できることはかなり
少なくなります。パンツかスカートか、スカートならプリーツ、丈の長さ、襟の形
ウエストの位置などなど・・。ポイントをおさえたデザインが、限界というところでしょうか。
結局のところ、自分に似合う喪服が、一番のおしゃれだと考えます。

 

それでも、どうしても目立ちたいという方であれば、「黒の和服」がいいでしょう。
完璧な正装ですし、着用されている方も少ないので、オススメです。

 

礼服レンタル.com