■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
配送時間

喪服の格式は注意が必要 【喪服なら、礼服レンタル.com】

何度か記事でも紹介しておりますが、略礼服中心の文化は

世界でも日本だけです。男性の最も格式の高い正礼装である

モーニングや燕尾服は、葬儀でも使われますが、「自分だけは

正礼装で葬儀に出席しよう」と単純に考えると、恥ずかしいことに

なります。今回は、正礼装の利用について考えてみましょう。

 

・参列者の場合は、略礼服

葬儀においては、親族の方が正礼装を着用します。

参列者である場合、親族の方以上に格式の高い礼服を

着用してはいけません。つまり、略礼服ということになります。

 

・和装においても同様

和装で葬儀に参列する方もいらっしゃると思いますが

こちらも、基本は同じです。喪主や親族の方以上に格式がある

礼服を着てはいけません。男性の場合は、羽織を着用しなければ

いけませんので、羽織に「一つ紋」をつければ、略礼服として

利用が可能です。

 

格については、喪主、親族、一般の参列者の順番で、喪主が

正礼装となりますので、間違っても一般参列者で正礼服を着る

ことのないようにしましょう。

 

礼服レンタル.com