■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

葬儀にピアスはマナー違反?【守山市、栗東市なら明日お届け可能】

葬儀に出席する際の服装は、できる限りシックにす

ることが基本です。洋装であれば男女共に黒を基調

とし、喪服やネクタイ等の生地はもちろん、小物に至

るまでとにかく光沢が発生しない物のみを身に付ける

ことが正しいマナーとされています。

 

そんな中疑問となるのが、ピアスはマナー違反になる

のかどうかということです。真珠のピアスであれば違反

にはならないという意見もあれば、ピアスは一切NGと

いう意見もあります。このマナー問題、いったいどれが

正しいのでしょうか?

 

諸説ありますが、本来的に洋装の喪服は海外から渡っ

てきたもので、海外であればパールのピアスを付けて

参列することが正しいマナーとされています。しかし当

時の日本では、現在のようにピアスを付ける文化がなく、

過度な装飾品としてピアスは批判されるようになりました。

 

よって結論を言うと、過度なものは除いてあくまでも単品

かつシンプルなものであれば喪服マナーには反しないと

されています。故人のご冥福を祈るためにも、慎ましやか

な形を以て女性らしく正装して身を飾ることは誠に大切な

ことなのです。

 

 

礼服レンタル.com