■遅延の可能性について
12月は、全国的に配送量が増加いたします為、お届けに遅延が発生する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。また、ご注文につきましては、なるべく早めにお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
年末年始休業のお知らせ
2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)の期間は、発送業務をお休みとさせていただきます。電話・メールにつきましても、お休みとなりますのでご了承くださいませ。
配送時間

ベールはツバが大きすぎないものを選択すべき【川崎に翌日お届けできる礼服レンタル】

著名人の葬儀に駆け付ける芸能人の中には、オシャレなレース

やリボンであしらわれたトーク帽やベールを被ってさり気ない

美しさを醸し出している人も少なくありません。海外映画の

ワンシーンを思い出させる光景ですね。

 

日本ではあまり馴染みのないベールですが、実は喪主や親族

近親者など個人と非常に親しい人間だった人が正喪服を着用

する場合、キリスト教のカトリック信者の身なら黒か白のベール

を頭から覆うように被るのが一般的です。

 

ベールの選び方の基本については、透け感が目立つものは望ま

しくなく、光る素材で作られたものも除外するようにします。

また、故人の配偶者のベールのつばが一番引き立つように購入

時は大きさにも気を配ることが大切です。ベールはカトリック

信者以外の方は被らないことがマナーとなり、着用するときは

なるべく同じ素材の手袋を装着することも忘れないようにしま

しょう。

 

今やベールは海外のみならず、国内でも若い人のファッションの

一部として身に付けられていることが多く、手に入れるのもさほ

ど難しいことではなくなりました。もし見つけられないときは、

ブラックフォーマル用品全般を取り扱っているカタログ通販や国内

で有数の帽子専門店を利用するのが良いでしょう。

 

カタログ通販や帽子専門店であれば、デザインやサイズの選択肢も

広がり、かつ自身の頭の形や体形に一番合うものを見つけられて

末永く愛用できる一品に出会えるでしょう。

 

 

礼服レンタル.com