配送時間

礼服におけるウールとポリエステル 【久留米、飯塚なら明日お届け可能】

喪服の高級さは
「黒の深さ」である!!

 

 

といった話を
聞いたことがありませんか?

 

 

葬儀の場合は、深い悲しみや
亡くなられた方を慈しむ
ということで、黒の中でも
特に深い色「漆黒」が
よいとされています。

 

 

量販店で店員と話をしても
「この黒は深いです」という
アプローチをかけられることが
多いですよね。

 

 

ただ「安くても黒ならいいんじゃ・・」
と思う方も多いでしょう。
同じ黒の喪服ばかりをみていると
そんな気分になるのもわかる気がします。

 

 

 

しかーし!!

 

 

やっぱり高級な礼服は、着用感や風合いが
まったく違うのです。

 

reifuku_m01

 

 

よくあるのは写真を撮った時などに、服が
白っぽく写ってしまうことですが、これは
安い礼服によくありがちなことです。

 

 

では、なにがそのような差を生むのか?
そんな時に確認してほしいのが
礼服の「素材」です。

 

 

まず高い礼服を見つけたら、胸ポケットの
内側に、生地の素材表記が貼ってあるはず
ですので、何の素材かを見てみましょう。

 

 

おそらく、それなりの金額が
する礼服は、ほぼ表面が「ウール」に
なっているはずです。

 

 

そして安価なものは、ほぼポリエステルです。

 

 

ポリエステルも技術の進歩によって
深い黒を出せるようになってきましたが
一緒に並べると、どうしても光っているように
みえるので安っぽく感じますね。

 

 

すべてがそうとは言えませんが
気になったら見比べてみてください。

 

 

礼服レンタル.com