配送時間

喪服のシャツ(男性)について

弔事用の喪服に合わせるシャツは、特殊なものではありません。
ベーシックなシャツで、白のブロード素材を着用します。

 

通夜の場合は、急いで駆けつけるという前提ですので、白いストライプシャツなどでも
マナー違反にはなりませんが、葬儀の時は白無地でないとマナー違反となりますので
注意が必要です。また、光沢のある生地も、葬儀では避けましょう。白のすかし模様で
あっても意外と目立ってしまいます。

 

衿はレギュラーカラー、ワイドカラーのどちらでも構いません。ボタンダウンはNGです。

 

袖はシングルカフス、ダブルカフスのどちらでも構いません。ダブルカフスの場合は
留め具がシルバーの「黒いカフスボタン」が弔事用とされています。

 

また、肌をなるべく見せないようにするのがマナーなので、長袖が望ましいのですが
半袖でも失礼にはなりません。夏は室内はクーラーで寒く、室外は猛烈に暑い場合があります。
状況に合わせて、着替えられてもよいかもしれませんね。

 

礼服レンタル.com