配送時間

メガネのマナーについて考える 【五條、御所なら明日お届け可能】

お通夜や葬儀といった弔事においては、とにかく光物に注意しなければ
なりません。スーツの生地ですら、反射しづらい素材が使われていると
いうことをまず理解しておきましょう。

 

その上で、普段から身に着けているものが弔事のマナーに則っているか
否かを判断していかなければなりません。

 

19f9d6af1b11ae6d9dd5c63cedce6675_s

 

たとえば身近なものにもかかわらず、なかなかその気が回らないものに
「メガネ」が挙げられます。メガネは顔の一部という言葉もあるように
もはや肉体との一体感が常の形となっているためでしょう。

 

しかし、当然、このメガネにも「弔事のドレスコード」は存在します。

 

まずフレームの色や柄に注意してください。金色に輝くような派手な
カラーは言うまでもなくNGです。柄は無地で、黒やグレー、ブラウン
シルバーといった落ち着きのあるマットなカラーのフレームが使用されて
いるものを選択しましょう。

 

一見、相応しいのではと考えてしまいがちな黒ぶちメガネは、フォーマルな
場に相応しくないという意味合いからマナー違反とされています。
メガネだからといって、軽く侮ってはいけないのです。

 

 

礼服レンタル.com